調布ピアノ教室は京王線調布駅徒歩7分。初心者の方も多くクラシックからポップス、音楽大学受験、保育士試験対策やホルンに加え、リズムやコードネームなどの知識面もレッスン可能。子供はもちろん、OLの女性、中高年の男性、現役の保育士さんなど大人のピアノレッスンも大好評!
 

調布ピアノ教室|調布駅徒歩7分のピアノレッスン教室

HOME > ピアノ初心者講座 > グランドピアノとアップライトピアノの違いってなんですか?(その2)/調布ピアノ教室

調布ピアノ教室/ビルボード
- 調布ピアノ教室講師が、独断と偏見でお送りする -

ピアノ 初心者講座


No.013 〜 グランドピアノとアップライトピアノ 〜

グランドピアノとアップライトピアノの違いってなんですか?(その2)

by Nesteg Music Group 講師

前回は、両者のピアノの形状の違いについて説明させていただきました。
要は、横に置くか、縦に置くか。
 
では、音にはどのような変化があるのでしょうか?
 


 

グランドピアノのほうが自然な音がする?

 
楽器の音を構成する要素は一つだけではありませんので、これは簡単には語れない訳ですが、
とはいえ、弦を弾くことによって鳴る楽器ですから、弦が音に与える影響が一番大きいと言えるかと思いますので、
今回は「弦」に絞ってお話しします。
 
横に置くか、縦に置くかという話と繋がってくるのですが、ピアノの鍵盤は横(水平)に並んでいますよね?
つまり、鍵盤のアクションを自然に伝えるには、横(水平)に弦を張った方が力の伝わり方的に考えて自然です。
 
その点において、グランドピアノは、鍵盤も弦も水平ですから、音の伝わり方が自然となります。
一方アップライトピアノは、鍵盤は水平ですが、弦は縦(垂直)に張ってあります。
 
まずこの点において、グランドピアノが正規の形であることが言えます。
 
加えて、弦の長さに関しても重要な要素なので説明したいと思いますが、
長くなりますので、また次回とさせていただきます。
 
お楽しみに!
 
 


 
調布ピアノ教室無料体験レッスンを行っています。気になった方はぜひお問い合わせください。

調布ピアノ教室の無料体験レッスン

調布ピアノ教室へのお問い合わせ

当教室講師も長年利用!!楽器を買うなら「サウンドハウス」がオススメです。

サウンドハウス