調布ピアノ教室は京王線調布駅徒歩7分。初心者の方も多くクラシックからポップス、音楽大学受験、保育士試験対策やホルンに加え、リズムやコードネームなどの知識面もレッスン可能。子供はもちろん、OLの女性、中高年の男性、現役の保育士さんなど大人のピアノレッスンも大好評!
 

調布ピアノ教室|調布駅徒歩7分のピアノレッスン教室

HOME > ピアノ初心者講座 > 「作曲家と出身国の関係性を考えてみました」その②/調布ピアノ教室

調布ピアノ教室/ビルボード
- 調布ピアノ教室講師が、独断と偏見でお送りする -

ピアノ 初心者講座


No.008 〜 誰が好きですか? 〜

作曲家と出身国の関係性を考えてみました。
その②

 
by Nesteg Music Group 講師

Nesteg Music Group 調布ピアノ教室は、今日も元気に運営中です。
 
今回は、好きな作曲家について、ちょっとお話しようかなと思います。
  


ドイツといえばベートーヴェン

 
さて、前回(「作曲家と出身国の関係性を考えてみました」その①)に引き続き、今度は、ドイツ出身の作曲家の作風について考えてみましょう。
ドイツ出身の作曲家といえば、やはり「ベートーヴェン」でしょう。
 
ピアノ曲で有名な「ピアノ・ソナタ 第8番 ≪悲 愴≫ 」
https://www.youtube.com/watch?v=d4cAA3vcLGQ
 
年末によくオーケストラと大合唱で演奏される「第9交響曲」
https://www.youtube.com/watch?v=Qt0T_fe5K6E
 
などはとても有名ですよね。
 
いつだったかどこかに記述があったのですが、ベートーヴェンという音楽家は、
作曲家としてもちろん素晴らしいのだけど、編曲の才能がとっても秀でていたそうです。
ちなみにの私の印象は、なんといいますが、甘く美しいメロディーで人を魅了するというよりは、
きっちりとした計算によって、作られた、感情的な部分と冷静さを兼ね備えた作曲家といったイメージです。
少し頑固オヤジというか、そういった印象でしょうか 笑
 
ドイツといえば、現在ではサッカーもとても有名ですが、ドイツのチームは、一人のスター選手が輝きを放つというよりは、
組織的な戦略で、勝利を収めるスタイルです。そういった意味では日本と近しいところにあるのかもしれません。
強弱のつけ方も、ある意味きっちりと、大きいところは大きく。小さいところは小さく。次々と切り替えていく印象です。
 
ですから、個人的には、私はあまり好きにはなれなかったですが、そんな冷静で怖そうに見えるベートーヴェン大先生も、
上でご紹介した「ピアノ・ソナタ 第8番 ≪悲 愴≫ 」の、8:40秒くらいから始まる第二楽章は、
(珍しく?)ゆったり、のんびり、優しく、美しく、そんな曲も書いているから、一概に、「嫌い」では終われない、にくい存在なのです。
誰しも、心のスイッチにオンとオフがあるように、ベートーヴェン大先生も、何かほっこりした心情で、誰かのことを想い浮かべながらこの曲を書いたのでしょうか?
 
以上、「作曲家と出身国の関係性を考えてみた」でした。
 


 
調布ピアノ教室無料体験レッスンを行っています。気になった方はぜひお問い合わせください。

調布ピアノ教室の無料体験レッスン

調布ピアノ教室へのお問い合わせ

当教室講師も長年利用!!楽器を買うなら「サウンドハウス」がオススメです。

サウンドハウス